オススメの挙式スタイル☆

定番の教会式はいつの時代の花嫁の夢

結婚式を挙げることが決まったら、挙式スタイルについて考え始めるカップルは大勢います。「結婚式」と聞くと、チャペルやウエディングドレス、バージンロードなどを想像する人がほとんどでしょう。教会式は、日本で最も人気の高い挙式スタイルです。
一般的な教会式は、新婦の入場に始まり、讃美歌の斉唱、牧師による結婚の宣言、新郎とバージンロードを歩いて退場という順番で行われることがほとんどです。この基本的な式次第の中に、ベールダウンやフラワーシャワーなどを演出として盛り込む場合があります。希望する演出などがあれば、事前に式場のスタッフに伝え、可能であるかどうかを確認することが大切です。また、演出上練習が必要なものに関しては、リハーサルを行う場合もあります。

ゲストからの評価も高い神前式

様々な年齢層から支持されているのが神前式です。神前式は、日本の伝統を重んじた式となるため、非常に厳かな挙式となります。
神前式は、入場、修祓の儀、祝詞奏上、三献の儀、誓詞奏上、玉串奉奠、指輪の交換、親族杯の儀、退場といった式次第で行われることがほとんどです。
神殿で行われる挙式スタイルは、和婚ブームでも注目されています。日本では教会式が最も人気が高いということもあり、日本の伝統的な神前式がかえって新鮮であるといった声さえあります。参列者は基本的に親族のみとされる場合が多くあります。式場が広い場合は友人や知人が列席できる場合もあります。神前式の後は、会場を移動して、会食や披露宴を行うといったカップルも多いです。

結婚準備を進めていくならば、なるべく早めがおすすめです。どんな結婚式を挙げたいのかイメージしながら式場などを探しましょう。